最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    更新情報

    2013-12-16
    返済可能額をどう判断するの?の情報を更新しました。
    2013-12-04
    返済可能額で住宅ローンを決める時のポイントを新規投稿しました。
    2013-12-04
    住宅ローンの保証料についてを新規投稿しました。
    2013-12-04
    住宅ローンで必要な手数料を新規投稿しました。
    2013-12-04
    借り換えを断られてしまうケースを新規投稿しました。

    返済可能額をどう判断するの?

    今回は住宅ローンの種類と選び方についてお話をしていきます。
    住宅ローンというのは、変動金利、固定金利、固定金利選択がの3つに分かれることになります。

    初めに変動金利についてですが、経済状況などによって、金利の利率が変動をするというものとなっています。
    不景気で金利が低いときには返済額も減ることになるのですが、経済が好転し金利が高くなると反対に返済時の負担が重くなります。

    次に固定金利というのは、常に一定の利率の金利になっているというものとなっています。
    毎月変わらずに住宅ローンの返済をしていくことになりますから、返済シミュレーションを立てやすいというメリットがあります。
    ただし、固定金利というのは利率が少々高くなっているという欠点もあります。

    固定金利の返済が安全

    3つ目の住宅ローンが、固定金利選択型といわれるものです。
    一定期間だけ固定金利で返済をしていき、その期間を過ぎたらそのまま固定金利で返済をしていくのか、それとも変動金利で返済をしていくのかを決められるようになっています。
    選択時の金利によって、選択をすることができるようになっています。
    その時の金利が低くなっているのであれば、変動金利のほうが返済しやすくなるでしょうし、反対に金利が高くなっているのであれば、固定金利で返済をしていくようにすればいいかと思います。

    ただ、最初は金利が低かったから、変動金利にしたけど、数年後に景気が好転をしたりして金利が高くなってしまうと言う事もあります。
    ですから、今後の経済についても予測をしながら選ぶようにしなくてはなりません。低金利で借りるなら、住宅ローンの審査借り換えと言えばホムロンなど口コミでも評判のいい所を利用するべきです。

    いつ住宅ローンの借り換えをするべき?

    現在住宅ローンを抱えているけど、借り換えをしたいという人や、どのタイミングで借り換えをすればいいのだろうかと考えている人も多いのではないでしょうか?
    今回はどのようなタイミングで住宅ローンの借り換えをすればいいのかについてお話をしていきたいと思います。
    そろそろ住宅ローンを借り換えようかな?と思うようになったときがタイミングとして最適だといえるでしょう。

    住宅ローンの返済は毎月欠かさずに行うようにしなくてはならないのですが、借り換えの時期を見誤ってしまうと、無駄にお金を払ってしまうこともあるんです。

    例えば固定金利で住宅ローンの返済をしてるとしましょう。
    固定金利というのは常に金利が変動をしませんから、あまり気にしていないという人もいるのですが、この固定金利期間が過ぎてしまうと、
    以前よりも金利が高くなってしまい、返済が厳しくなってしまったりするということがあるのです。

    金利が高くなると言う事は、必要以上にお金を支払ってしまい、損をしてしまうことになります。
    ですから、借り換えをしたいと思うのであれば、早めに手を打つようにしたほうが良いのです。

    若い時期に早めに借換えをすることも大切です。
    年を取ってから借り換えをしたくても、年齢が高くなるにつれて審査が厳しくなってしまい、借り換えをすることができなくなってしまうこともあります。
    なので、少しでも早く借換えをしておいたほうが良いのです。
    後で借り換えをしたくても、年齢のせいで借り換えをすることが出来なかったら、お金がもったいないですよね。
    マイホームというのはとても高額ですから、少し金利が高くなるだけでも大損をしてしまうこともあるのです。

    ページ上に戻る